エンコーダ付き偏心検査器製作例

エンコーダ付き偏心検査器製作例

■SAP-090型

本偏心検査器は、P型偏心検査器をベースとして、回転軸にエンコーダを内蔵させたものです。
角度に対するリフト量を必要とする用途に使用できます。
(カムシャフト、プーリー、スプロケット、ギア等)
エンコーダ及びリフト量検出器をデジタル表示器で表示したり、パソコンに取り込んだり、D/A変換を行って記録計に形状図をトレースさせるといった使用方法ができます。
エンコーダの分解能及びリフト検出センサーのストロークと分解能、測定ワークの形状、測定精度、データの出力方法、回転の手動か自動(モ-タ-駆動)等は任意に選定出来ますので、ご希望の仕様で設計、製作致します。

基本仕様

・センターハイト 100mm
・センター MTNo.1
・センター平行度 5μm
・エンコーダ分解能 3600p/rev(0.1度)、任意設定可
・回転振れ精度 5μm以下。
・駆動方式 手動(モーター駆動はオプション)
・リフト量センサー 任意設定可。(リニアスケール等)
・その他、基本仕様外の設定は打ち合わせによる。

偏心検査器(特殊)のその他製品

製品カテゴリ一覧に戻る

お問い合わせはこちらまで

本社・工場

Tel. 0258-22-1100
Fax. 0258-22-0014

東京営業所

Tel. 03-3293-8881
Fax. 03-3293-8884

名古屋営業所

Tel. 052-322-4031
Fax. 052-322-5647